記事一覧へ
06/04/20

スパイクラッシュ&新ゲームモード

プレイヤーの皆さんこんにちは!プロデューサー兼VALORANTゲームモードのプロダクトリード、Jared Berbachです。今日はベテランデザイナーのBobby Prochnowも一緒です(もしかすると、”cracked dev squad”が由来の”excal”という呼び名のほうが聞き覚えがあるかもしれません)。私たちはVALORANTのモードエコシステムを構築するために、小さな素晴らしい開発チームと共に働いています。

本題に入りましょう。皆さんの心の中には「何のモード?」という言葉が浮かんでいるでしょう。VALORANTにはメインとなるモードが1つあります。大人気のスパイク設置/解除モードです。もちろんそのモードと皆さんが期待するタクティカルシューターのゲーム要素がメインであることに変わりはありませんが、VALORANTは今後追加されるモードとコンテンツにおいて無限の可能性を秘めていると思うのです。私たちの野望はあらゆるタイプのプレイヤー、要望、考え方、気分に対応するモードを作ることです。

ゲームが正式リリースされた今、皆さんはもう1つ目の新モードをプレイされたでしょうか。まだ未プレイの皆さんには、少しの息抜きになることを祈ってこちらをご紹介します。スパイクラッシュ(BETA)です!

スパイクラッシュはどんなモードですか?

  • 想定ゲーム時間は8分~12分です。
  • スパイクを設置──ただし、アタッカー側の全員がスパイクを所持します!
  • BO7、ラウンド開始前の時間およびラウンド時間が短縮されます。
  • アタッカー側とディフェンダー側は3ラウンドごとに交代します。
  • 両チームの全員がランダムに選択された同じ武器を使用します。夢に見た「全員バッキー装備」が現実になります。
  • 毎ラウンド、すべての通常アビリティーをコスト無しで取得できます。
  • キルおよびデスで 2 ULTポイントを獲得します。
  • 各ラウンドごとに、3~5個のランダムな「パワーアップオーブ」がマップ上に出現します。

ちょっと、今なんて言ったの?

パワーアップオーブ?

そうです!プレイヤーがスポーンするラウンドごとに、出現するオーブの場所を示すクエスチョンマークのアイコンがミニマップに表示されます。ラウンド開始の数秒前になるとオーブが出現し、オーブを集めることで発動するパワーアップ効果が明らかになります。オーブの効果は多種多様です。武器のアップグレードや、ダメージボーナスの付与──さらに、敵チーム全員を感染させてしまうことすら可能です。

Spike_Rush_Orb.jpg

へえ、面白そう。でも、何で新しいモードを

作る必要があるんですか?どうして?

私たちは皆、52分間25ラウンドにわたる、大どんでん返しありのシーソーゲームを愛していますが、それだけの時間をVALORANTに費やすことが難しいときもあります。ですから、およそ15分以内で集中してプレイできる、もっとプレイヤーの“アップタイム(動作時間)”を長くしたモードを作りたかったのです。それに、新しいキャラクターやアビリティー、銃をより気楽な環境で試せるようにしたいと思っていました。

スパイクラッシュは常設されますか?

私たちはVALORANTのモードのエコシステムが常に進化していくことを期待しています。皆さんから末永く期待され愛してもらえる常設モードと、斬新なアイデアを取り入れた定期開催モード、そして期間限定のモード──これに関しては、少々奇をてらったものになるかもしれません──を実装したいと思っています。スパイクラッシュのエコシステムにおける立ち位置は、近いうちに制作する他のモードとの兼ね合いや、プレイヤーの皆さんからいただく感想に大きく左右されることになるでしょう。

今のところ、スパイクラッシュモードはベータ版という位置づけです。定期開催のモードになるかもしれません。あるいはいつか終了するかもしれません。もしかしたら、長い間常設されるかもしれません。短期的な計画としては、オーブを増やしたり他の変更を加えたりしてモードを進化させていく予定です。モードの運命を決めるのは時間と皆さんです!

なるほど。それで、次に追加される

モードは何です?デスマッチですよね?

よくぞ聞いてくださいました!VALORANTのモードに関する沢山のご要望があることは認識しています。クローズドベータをご覧くださった方からは、デスマッチ形式のモードに対するご要望の声が非常に大きいです。特定のリリース日をお約束することはまだできませんが、これだけは言えます。プレイヤーがデスマッチを望んでいることははっきりしていますし、デスマッチ形式のモードをサポートするために必要なテクノロジーの構築を始めているところです。

ゲームタイプへの要望は、ウォーミングアップや手りゅう弾の投擲、銃の技術、エイムを向上させるために動く敵を撃つというものなどがあり、競技者としても、開発者としても心に響くものがあります。

試作中のモードは他にもたくさんあります。

それでは私たちの哲学をお話しして記事を締めくくりたいと思います。新しいモードを可能な限り早くコミュニティーに手渡して、プレイヤーの皆さんと共に進化させていきたいと思っています。皆さんのフィードバックをお寄せください!VALORANTにどんなモードがあったらいいと思いますか?VALORANTで実現してほしいプレイ体験はどのようなものですか?皆さんのカユいところに手が届くよう、私たちにお手伝いできることはあるでしょうか?

言いたいことがあるんですが!

Instagramやredditからも皆さんのコメントを読むことができます。私のTwitterアカウントは、@Darkhorse4Lifeです。@BobbyProchnowにもツイートを送れます。彼の自己紹介の欄にソーシャルメディアが得意ではないと書いてありますが、嘘ですので気にしないでください。スパイクラッシュをプレイした感想や、今後どんなモードをプレイしたいかぜひお聞かせください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。今後のVALORANTにご期待ください!